HOME  >> 機能紹介 >> 連携機能

連携機能

Active Directory連携モジュール

Active Directoryの情報を自動取込、自動反映するための機能です。

ツリー表示機能

AD標準管理ツールでは、プロパティを開かないと確認できなかったグループの所属情報がツリー表示され、
ひと目で確認できます。

OU連携機能

OUとグループを似た構成にしている場合に、OUとグループの移動が1度の操作で行えます。

グループウェア連携モジュール

グループウェアの組織・ユーザー・メールアカウント情報を自動取込、自動反映するための機能です。
グループウェアの管理作業を向上させる独自機能もございます。
グループウェア連携モジュールの詳細は、こちらまでお問い合わせください。

Exchange連携モジュール

Exchange Serverと連携し、メールボックス・配布グループの新規作成・更新・削除が行えます。
メールボックスの移動やアクセス権の設定も可能で、メールボックスサーバが複数台でも利用可能です。

Unix/Linux連携モジュール

Unix/Linux系OSのユーザー・グループ情報の新規作成・削除・更新が行えます。
グループウェア連携モジュールと併せて使用することで、ウェブメールアカウントを作成した時に、Unix/Linux上にもアカウントを作成します。

ファイルサーバ連携モジュール

ファイルサーバ(Windows、NetApp、EMC Isilon等)のフォルダのアクセス権やプロファイルの管理が行えます。

煩雑なフォルダのNTFSアクセス権、共有フォルダの設定を簡単管理

一回のクリックでNTFSアクセス権、共有フォルダの設定を確認できます。
また、複数台サーバがあっても、一箇所で集中管理できます。 CSV機能もあるので、設定状態をまとめて確認・設定することもできます。

移動プロファイルの管理

アカウント削除時に、移動プロファイルを連動して削除できます。
また、アカウント追加時に、権限を追加した移動プロファイルが作成できます。

LDAP連携モジュール

複数のLDAPサーバーと連携し、オブジェクトの新規作成、削除、更新が行えます。
また、オブジェクトの状態は専用画面でツリー表示され、検索を行うことが可能です。

i-FILTER連携モジュール

ADMSからi-FILTERのユーザーを自動反映させるための機能です。
詳細はこちらまでお問い合わせください。

m-FILTER連携モジュール

ADMSからm-FILTERのグループ、ユーザーを自動反映させるための機能です。
詳細はこちらまでお問い合わせください。

CSV出力、外部コマンド実行モジュール

CSVファイルのフォーマットは利用者が自由に設定することが可能なため、マスタのシステム(人事給与システム等)との連携が可能です。
また、本機能は複数システムで利用でき、フォーマットはシステムごとに定義できます。